【平日】新宿駅発の富士五湖エリア日帰り旅行

土日祝日しか新宿駅からの直通特急はなかった

富士山が世界遺産に登録されてから国内外において富士山や富士五湖の観光需要は高まり続けています。そんな富士山に近づくには山梨県大月市のJR大月駅で富士急行線への乗り換えが基本的には必要です。しかし、土曜日・日曜日と一部祝日に関しては新宿駅を出発して富士急行線に乗り入れ、富士山駅を経由して河口湖駅まで直通の特急が存在してきました。さらに、成田空港内の駅から河口湖駅まで続く成田エクスプレス(NEX)も外国人観光客の間では人気を博してきましたが、河口湖駅行きのNEXが走るのは土日だけという状況です。

2019年3月に大きな出来事が!

そんな中、2018年12月にJR東日本は2019年3月中旬のダイヤ改正によって大きな変化が起こる事を発表しました。それは、新宿駅−河口湖駅間を毎日2往復する新特急「富士回遊」が運行開始となるという発表です。これにより今まで平日が定休日となっている人達や平日に来る外国人は東京から富士山方面に行く場合に必ず大月駅での乗り換えが必要でしたが、それが不要になりました。その他、土日が定休日の人も夏場の混んでいる富士山エリアが嫌なら、平日に有給休暇を取得して気軽に日帰り旅行ができるようになったという意味で大きな出来事です。

「富士回遊」の具体的な情報

下りの「富士回遊」に関しては、1号が8:30に新宿駅を出発して10:22に河口湖駅に到着、3号は9:30出発で11:22に着きます。上り列車については16号が15:05に河口湖駅を出発して16:58に新宿駅に着き、20号は17:38に出発して19:27に到着します。つまり、1号と20号を利用する場合、日帰り旅行でも10:22から17:38まで7時間以上現地に滞在していられます。ただし、富士山とは毎日見られるものではないため、確実に間近で見たい場合は2日の時間をとって1泊をするほうがおすすめです。

フライアゴーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です