JR東日本の「いなほ」に乗って旅をしたい人向けの様々な情報

「いなほ」の概要や車両情報

「いなほ」はJR東日本が運行している特急電車です。東北地方の日本海側を通る特急で、南端駅は新潟駅である事は共通しているものの北上する列車の終点駅は山形県の酒田駅と秋田県の秋田駅に分かれます。新潟県・山形県・秋田県の人が海を見ながら乗り換えの要らない電車旅をしたいなら、この特急を利用してみるのはどうですか?

「いなほ」の所要時間・運賃情報

新潟駅から酒田駅の区間を走る「いなほ」は、約2時間10分で2区間を結びます。一方、新潟駅を出発して秋田駅まで向かう号は、約3時間40分かけて秋田駅に到着します。指定席券を購入した場合の運賃は、新潟-酒田間が約4750円・新潟-秋田間の運賃が約6700円です。ちなみに特急を利用せずに普通電車で同じ区間を移動する場合でも運賃はだいぶ高いほか所要時間が約2倍かかるため、特急を利用するほうが圧倒的にお得といえます。ちなみに新潟駅-酒田駅間はわずか約2時間10分という事で、休みが1日しかない場合は泊りがけでなく1泊の旅行をする事も十分可能です。

「いなほ」沿線地域の名所や名産品

新潟県村上市の村上駅の東側には戦国時代に合戦の舞台となった村上城という山城がありますが、こちらは駅から徒歩25分です。続いて日本酒で有名な酒田駅の西口エリアには地酒を提供する居酒屋・バーがたくさん出店しており、日本酒好きにはたまらないエリアです。秋田市の秋田駅の西口そばには日本100名城の1つに数えられている久保田城があり、見事なデザインの天守閣を間近で見られるほか、内部に入れます。さらに駅西口から少し離れた場所に広がる飲食店街には名物のきりたんぽを提供する店がたくさんあって人気です。

フライアゴーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です